実務者研修通信

実務者研修の資格をとろう
実務者研修とは
介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化されました。

介護の専門家として働ける基本的なスキルを磨くことができます。

医師や看護師以外には認められていなかったたん吸引や経管栄養の基礎知識を学ぶことができます。

実務者研修の講座はこちら⇒実務者研修(介護福祉士養成)

一方初任者研修研修も基本的な介護スキルが学べます。 初任者研修研修はこれまでのヘルパー2級にあたります。

より短い期間で早く介護を学びたいかたはこちらもおすすめです。

初任者研修はこちら⇒介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

資格をとるメリット

資格をとるメリットが分かれば、よりその資格を取得するための動機付けが出来るようになってきます。

そこで今回は、ヘルパー資格を取るメリットについてご説明いたします。

このヘルパー資格を取るメリットは、この資格一つを取得するだけで幅広い場所や施設で働くことが出来るようになるということになります。

ヘルパーとしてアルバイトや正社員として働くことも出来ますし、介護福祉施設の中で介護職員として働いたり、アルバイトとして働くということも出来てしまいます。

ですので、最大のメリットはこの幅広い施設で働くことが出来るという事です。 さらに、この資格を持っていると、スキルアップが出来るというメリットもあります。ヘルパー資格というのは魅力やメリットがあります。

また、ヘルパー資格を取るメリットは他にもあり、そこで介護についての知識を勉強しておけば、将来自分の父親や母親に介護が必要になった時に、その知識を活かすことが出来るようになるといった良さもあります。

ヘルパー資格を取るメリットの二つ目に、働く場所が限定されないことです。介護の仕事は人口が多い、少ないに関わらず全国的に存在します。例えば、結婚前にこの資格を取得したとすれば、ブランクがあったとしても就職出来る可能性は高くなります。

以上がヘルパー資格を取るメリットです。

今後必要とされる資格なので、興味のある方にはヘルパー資格を取ることをお勧めします。

実務者研修の講座はこちら⇒実務者研修(介護福祉士養成)

初任者研修はこちら⇒介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護者の需要

日本の経済は少々右肩上がりになりつつあるといわれています。その影響で求人倍率にも一筋の光明が差してきました。

しかし、一度何等かの理由で自らの職を離れた時、再度自分の気に入った職に戻れるかの確証はほとんどなく、なかなか仕事が見つからずハローワークに通い続けている人は多くいます。

そんな方々に、おすすめしたい資格があります。

それは介護の資格です。 介護の資格にも様々ありますが、今回は比較的取得しやすい「ホームヘルパー」を例に挙げて、この資格を取るメリットについて記述していきたいと思います。 まず、ホームヘルパーは大学に行っていなくても取れますので、学歴などは一切関係ありません。

そして肝心の取得方法ですが講座を受講し学ぶことが一番の近道です。受講料も、他の資格取得講座に比べると、比較的安価であると言えます。そして最も、この資格を取得することのメリットは、働く場所が多いということです。

ホームヘルパーの働き口は、病院・福祉施設に、訪問介護人として介護認定を受けた方のお宅にも働きに行くことが出来ます。

しかも、少子高齢化の影響で働く場所が減ることは考えにくく、介護の分野は発展していく産業だと言えるでしょう。 これから爆発的に介護の需要も増えるといわれており介護の資格を取得することは今後非常に役に立ってくるといえると思います。

実務者研修の講座はこちら⇒実務者研修(介護福祉士養成)

初任者研修はこちら⇒介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)